区画墓地・合葬式墓地について jimai 8

当ページは広告が含まれているリンクがあります。

区画墓地と合葬式墓地を、わかりやすくまとめました。

※こちらの記事は、◯市の内容になっていますので、詳細はお住まいの区市町村のホームページをご確認ください。

もくじ

区画墓地

土地の使用許可を受けた方とその親族が代々使用していく従来型の墓地。
貸付は土地のみで、使用許可を受けた方に墓石、カロートその他設備を設置することが条件。

合葬式墓地

合葬式墓地は、1つの大きなお墓に多くの遺骨を共同で収蔵する施設。
お墓を承継することができない方に墓地を提供するために新たに設置。
霊園開門時間中はいつでも墓参をすることができ、建物前面の参拝所ではご焼香や仏花を供えることができる。

合葬式墓地建物内は、納骨室(地上1階部分)と合葬室(地下1階部分)の2つに分かれている。

納骨室

・使用許可日の翌日から換算して20年間は、納骨室内に設置された納骨壇に遺骨を骨壷等に収めた状態で収蔵し、その後合葬室に共同収蔵
・共同収蔵の際、遺骨を骨壷等から納骨袋に移し替えて合わせて収蔵される
・納骨の際には、使用者もしくはその関係者が納骨室に入り自身で納骨をする
・納骨室使用中の20年間は遺骨を取り出すこともできるので、別に墓地を設けることになった場合でも遺骨を移動することができる

合葬室

・遺骨を骨壷から納骨袋に移し替えて、合葬室(1つの大きな部屋)に永代収蔵される
・1度の申し込みで3人まで申し込める
・合葬室には入室できない
・骨壷から納骨袋への移し替え、及び、遺骨の収蔵は、霊園職員が行う

合葬式墓地申込者の資格

種類合葬式墓地
区分生前申込遺骨申込
特色1つのお墓に多くの遺骨を共同収蔵するための施設
概要子どもがいない方や跡取りとなる方がいない方のための墓地
条件◯市に1年以上在住の方
申込者の祭祀の主宰を承継する方がいないこと
申込者本人が使用するために申込むことまだ1度も納めたことのない遺骨をお持ちの方
指定の続柄の範囲内にあること(2体用のみ)その遺骨の祭祀(葬儀等)を主宰した方
ーーーーー指定の続柄の範囲内にあること
祭祀の主宰者」とは

親族を代表して申込遺骨の死亡届を提出し、葬儀の喪主あるいは法事の施主を務めるなど、将来にわたって当該遺骨および墓所を守り管理していく立場にある方をいいます。

祭祀の主宰を承継する方がいない」とは

申込者に子どもがいないなど、跡取りとなる方がいないことをいいます。

まだ一度も納めたことのない遺骨をお持ちの方」とは

ご自宅に遺骨をお持ちの方や都立霊園等の一時収蔵施設に預けている方をいいます(改葬骨・分骨を除く)。

合葬式墓地の申込区分と使用料

体数使用料(貸付時のみ)
合葬式墓地
合葬室
1体用遺骨1体約85,000円
生前1体
2体用遺骨2体約170,000円
遺骨1体+生前1体
生前2体
3体用遺骨3体約255,000円
遺骨2体+生前1体
遺骨1体+生前2体
生前3体
2024年4月現在

合葬式墓地の申込資格

遺骨の有無によって申込条件が異なる。

遺骨有の申込
(遺骨と生前の組み合わせの申込を含む)
生前申込
申込者申込遺骨の祭祀の主宰者であること申込者の祭祀の主宰を承継する方がいないこと
または
祭祀の主宰を承継する方がいなくなる見込みがあること
継承者の不在申込者の祭祀の主宰を承継する方がいないこと
または
祭祀の主宰を承継する方がいなくなる見込みがあること
自己のための使用申込者本人が使用するための申込みであること
2体用及び3体用の場合には、申込者と収蔵予定者との続柄欄に掲げる関係の方が使用するために申込むこと
住居期間申込者本人が、申込みをする日の1年以上前から継続して◯市に住民登録をしていること
申込遺骨の状態申込み遺骨の状態
まだ一度も埋蔵(葬)・収蔵したことのないお骨であること
※改葬骨、分骨では申込みできない
申込者との続柄申込者と申込み遺骨との続柄
申込者から見て、次に掲げる続柄の範囲内にあること
・配偶者(事実婚関係を含む)
・直系血族の祖父母、父母、子
・血族の兄弟姉妹
・養父母、養子
・パートナーシップ関係にある方(東京都パートナーシップ宣誓制度及び同等の制度と認められる地方公共団体のパートナーシップに関する制度における関係)
申込者と収蔵予定者との続柄
申込者から見て、次に掲げる続柄の範囲内にあること
・配偶者(事実婚関係を含む)
・直系血族の祖父母、父母、子
・血族の兄弟姉妹
・養父母、養子
・パートナーシップ関係にある方(東京都パートナーシップ宣誓制度及び同等の制度と認められる地方公共団体のパートナーシップに関する制度における関係)
上記全てに該当することが申込条件となる上記全てに該当することが申込条件となる
※2体用及び3体用で、遺骨と生前の組合せの申込の場合、生前のうち1人は申込者本人に限る
もくじ